口唇ヘルペス発症時の化粧について

発症中のメイクは大丈夫?

女性が口唇ヘルペスになってしまったら、出勤やお出かけのときに、メイクが出来ないからどうしようと思うでしょう。では、実際に口唇ヘルペスになった時に、化粧をしてもいいものなのか?

 

そこで、口唇ヘルペスと化粧についてここでお話をしていきたいと思います。女性の方は是非参考にしてみてください。

 

化粧の影響について

口唇ヘルペスというのは、唇だけではなくその周辺にも症状がでますので、口まわりや鼻の下などにも発疹が出来ます。水ぶくれやかさぶたなどになっていくので、化粧をすると傷口に悪影響が及ぶのは間違いありません

 

化粧品は口唇ヘルペスが治った後も使用するものですから、同じパフやブラシを使用することで、回復した後にウイルスをまた顔に塗る事にもなります。また、発疹などに刺激を加える事になるので、せっかく回復しようとしている体を、逆に悪化させる行為とも言えます。

 

このことから、化粧を口唇ヘルペスに施すのはおススメ出来ないという事が分かります。肌に優しい成分を使用しているなどの化粧品もありますが、口唇ヘルペスは発疹であり病気なのです。

 

ですから、化粧は出来るだけ控えてもらいたいと思います。もちろん口唇ヘルペスが無い場所である目元や頬などは化粧をしてもOKです。

どうしても化粧をしたい人にはパッチがおすすめ

実は口唇ヘルペスを覆う事が出来る透明でとても薄いパッチというものがあります。口唇ヘルペスの為に作られたものなので、症状を悪化させることなく発疹などの上から貼りつける事が出来るのです。

 

そしてこのパッチは、上から化粧ができるという優れものです。唇や皮膚どちらにも使用できますので、ファンデーションも使えますし、口紅も塗っていいのです。水ぶくれが破けた患部の保護などにもパッチが活躍するので、女性の中にはパッチを使用する人もいます。

 

ただ、このようなパッチを使えない人や使いたくないと言う人は、やはり化粧をするという選択肢は外してもらうしかありません。症状の回復は早ければ1週間〜2週間なので、少しの我慢をしてみてもいいのではないでしょうか。