性器ヘルペスとの違いと感染源

性器ヘルペスとの関係

ヘルペスの中でも人に言いにくいものがあるかと思います。その1つが性器ヘルペスでしょう。それでは、この性器ヘルペスについて詳しくご紹介していきますので、どういった病気なのかチェックしてみてください。

 

どんな症状?

性器やお尻まわりが赤く腫れてしまいます。その後、水ぶくれが出来てしまうのが、性器ヘルペスの特徴的な症状です。口周りに発症するものと同じように、水ぶくれが引いてきたら回復傾向にあります。初めて感染した人は、その後も同じような症状に悩まされることが多いので、再発予防に努める人が多い病気です。

 

ウイルスについて

性器ヘルペスのウイルスと言うのは単純ヘルペスウイルス2型というものになります。口唇ヘルペスは1型ですから、ウイルスの種類が異なります。基本的に上半身に出来るのは1型で、下半身に出来るものは2型という考え方になっています。

感染源

性器ヘルペスに感染した人のほとんどは、そのはじめの感染が性行為によるものです。相手が既に単純ヘルペスウイルス2型を保有していたということで、性行為がきっかけで感染するのです。

 

また、オーラルセックスをした場合にも、口唇ヘルペスのウイルスを保有している場合、そこから感染するという経路もあります。男女共に感染源になりえますし、感染者にさせられてしまう事もあります。

 

ちなみに、症状が無い場合でも、ウイルスは体内に潜んでいますので、感染の可能性は十分にあり得ます。

 

治療法

症状が軽い場合であれば、痛みや腫れを緩和させる薬を使って、患部を治療していきます。まずは病院へ行く事が重要なので、違和感などがあればすぐに相談してください。

 

また、重症化してしまうと入院をする場合もあります。性器なので排尿時に激痛を伴う事があるので、日常生活に支障をきたす事があるのです。こういった場合には、入院をして看護体制の下で治療を続けると言う事になります。