水疱瘡の症状と治療法

水疱瘡(水ぼうそう)もヘルペスの1種

水疱瘡(水ぼうそう)という名前を聞くと、小さな時に体験したことがあると思いだす人は多いかと思います。逆に大人になってから、水疱瘡になってとても辛かったという人もいます。

 

この水疱瘡ですが、実は水痘・帯状疱疹ウイルスという種類の、ヘルペスの仲間のウイルスが原因となっている病気なのです。

 

それでは、水疱瘡についてここで詳しくお話していきますので、是非参考にしてみてください。

 

水疱瘡の症状とは?

全身に赤い発疹が出来るのが特徴的な症状です。赤い発疹は痛みや痒みを感じる事もありますし、体の至る所に出来てしまうのでとても辛い症状になります。最終的には水ぶくれからかさぶたになり、自然と消えていきます。

 

また、熱が38度以上など高熱も出る事がありますので、赤ちゃんや幼児は泣いて辛さをアピールする事もあります。

 

小さな子供が水疱瘡になる事は、よくありますのであまり心配しなくてもいいのですが、稀に重症化する場合もあります。アトピーを持っている子供や、治療を始めるのが遅かったと言う時に、症状が重症化する事があるので、気を付けてもらいたいと思います。

再発はしない?

水疱瘡は、一度発症してしまえば二度と再発する事はありません。しかし、水疱瘡の原因である帯状疱疹ウイルスというのは、水疱瘡が治っても体内に潜んでいます。ですから、大人になってから帯状疱疹ウイルスが動き出して、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という名前の病気にかかる事があります。

 

つまり、子供の頃に水疱瘡になったけれど、大人になってもまた同じような症状が出てきたら、それは「帯状疱疹」という病気だという事です。

 

帯状疱疹は免疫力の低下などが原因で引き起こされるので、加齢や疲労蓄積などで発症する事が多いです。

 

治療法について

発熱、発疹を抑えるための薬を服用することが1番の治療法になります。また、全身にできた発疹が痒みを帯びているので、掻いてしまうと悪化することから、痒み止めも処方されます。

 

高熱が長く続くことはほとんどないのですが、稀に長く続く場合には解熱剤を使用する事もあります。どれも内科や小児科の受診で処置をしてもらえますので、早急に判断をして病院へ行くと回復も早いでしょう。